古民家リフォーム通信

古民家リフォームがブームに!

古民家をリフォーム活用することの魅力とは

昭和初期や大正時代より前などに建てられた古い民家は、近年リフォームして活用されることが増えています。そんな古民家の多くは、ただ古い住宅であるだけでなく、伝統的な建築方法で建てられていたり、地域によって違った特徴の造りになっていたりしています。年月が経つごとに劣化していく現代の住宅とは違い、メンテナンスをすることで長年使用し続けることができる丈夫さもその魅力です。

古く良い材木が使用され、中には高価なものも!

古民家の多くは木造で、地元で採れた木材を使用して作られています。欅や栗・桜などの広葉樹も使われていることが多いです。現代の住宅建材に使われているような化学物質は使用されていないほか、現代の住宅にはない外観・内観があるのが古民家の魅力の1つです。ゆったりと落ち着いて過ごすことができるような雰囲気があるのも古民家ならではの魅力です。

古民家カフェブームにより需要が増える

とはいえ、そのまま使用したのでは現代の生活には合わない点もあるため、古民家の良さを残しながらもリフォームして活用されることも多くなっています。リフォームした建物は住宅として使用されることもありますが、商業施設として使用するのも活用方法の1つといえるでしょう。その一例にはカフェやレストランをはじめとした飲食店や旅館、会社事務所などがあります。

古民家をリフォームして商業スペースとして活用することには、現代の一般的な建物にはない珍しい空間で、人を惹きつけられるという可能性があります。年月を感じさせる木材や建築方法は趣きが感じられ、現代の多くの人にとって魅力的です。自然が感じられ癒しを求める人にとっても好まれる空間となります。

リフォームすることで利便性も保てる

また古い民家の良さを残しつつ現代に合うようにリフォームすることによって、新旧の良さがミックスされ新しいモダンな空間を作ることが可能です。他にはない個性的な空間づくりができるので、その商業施設ならではの、オンリーワンな空間を作れるという点も、古民家をリフォームして活用する魅力といえるでしょう。